フレーム表示されていない場合、【 こちら 】をクリック♪
 
◆EX3ボス攻略

こちらでは、ゲームクリア後に進入できる、EX3ダンジョンのボス攻略を載せています。
せっかくの追加要素の楽しみがなくなるので、
閲覧は自己責任でお願いします
ネタバレ注意!



【中ボス】

蒼骸甲冑戦
パトロン・セイント戦
メアリー・スゥ戦
メイズ&ルブラ戦


【真・裏ボス】
真裏ボス戦(基本)
真裏ボス戦(中ボスを一体も倒していない時)
















●蒼骸甲冑戦
  HP:12000 SP:300
  【パッシブスキル】
     
鉛の潮汐:フィールド効果がターン経過とともに変化。
            
干潮⇔満潮を繰り返します。 2つのフィールド状態で
            
技の効果敵の属性耐性行動テーブルなどが変化します。
  干潮時 満潮時
炎耐性  0    100(無効化)
  氷耐性 50   50
  魔耐性    50 
  光耐性 100    -50 
  STR・MAT 175   178
  AGI 75   150
  「電撃」のダメージ倍率 100%    200% 
  「毒の呼び水」のダメージ倍率 100%   150%
     〃 の致死毒付与率 29%   63.22%
  「超振動」のダメージ倍率 100%   150%
    〃 の眠気付与率 25%   40%
  「月の光」の使用 使う   使わない
  HP・SP自動回復 なし   あり
  攻撃モード 通常コマンドテーブル   電撃毒の呼び水
超振動を高頻度に使用

戦闘システムが、裏ボス中で最も単純です。
しかし装備が充実していないと強敵なので、後回しにした方がいいかもしれません。

先制時は満潮へのターンカウントは発生しないので、
カリンのミルクで先制を狙ってみましょう。

眠気・致死毒・麻痺・DEF減少と、あつかう状態異常の多い敵です。
イシトクのお店の装備品の状態耐性を利用しないと厳しいです。
それらは高額ですが、
ウィン村のミルク料理店を利用すれば、大金を稼げます。
大女優シリーズを、マラソナ町の宿屋で売るのもあり。
「尻子玉を狙う」は麻痺を付与するので、ブラッドクリアーなどで
麻痺耐性を上げておきます
ブラッドクリアーはマラソナエリアの
盗品店で売られています。
また、こちらからの毒付与の基本成功率が60%。
なので、
毒にすることで、満潮時の自動回復を妨害します
「月の光」は状態治療の効果もあるので、毒が切れたらかけ直します。
「コウラ割り」はたまにDEF半減にしますが、無視しましょう。

全体攻撃は
防壁状態ならダメージが65%前後カットされますが、
念のためはすかは光耐性の装備をしておくといいです。

「ダイビングボム」は炎属性ですが、それよりも
月天のオーブなどで、
電撃を無効化することの方が重要です。
ラヴィも言っていますが、Dead Prophetのモンスターでありながら、
眠気はまったく効きません
どうやってペットにしていたのか謎ですね(^^;

蒼骸甲冑を倒すと、
DeadProphetの3人のHシーン回想アイテムが手に入ります。





●パトロン・セイント戦 
  HP:14200 SP:999999
    【パッシブスキル】
      
祭壇送り:パトロン・セイント(以下聖者)は、味方を生贄にできます。
            具体的には、
聖遺物(聖書・聖石・聖剣)を生贄にして
聖杯を召喚したり、
            
ザコ敵を聖杯の供物にして、神を降臨させることができます。

    聖人5ラウンド。1から始まり、5ラウンドまでありますが、
ラウンド5の前に倒すことが重要です
    即死・呪い・シールは効きません。

【行動条件】 【行動パターン】
ラウンド1 残りHP
92%以上
  トニス、ルメア、メガスパイク、クィ・モルブスを使用。
この状態のように、
聖者が露出していると、聖者自体は弱い。

ラウンド2 残りHP
69%以上、
92%未満
  聖石を召喚し、聖石か聖書にとりつく
どちらかが本体だが、間違った聖遺物を
攻撃すると、魔術による反撃をしてくる。
どちらにとりついているか判断するには、
下記を参照。
憑依されていない聖遺物は動かない。

ラウンド3 残りHP
30%以上、
69%未満
  聖剣を召喚し、聖剣か聖石か聖書にとりつく
やることは聖石を召喚したときと同じ。

ラウンド4 残りHP
30%未満
  聖者が憑依をやめ、再露出。
3つの聖遺物を生贄にし、聖杯を召喚する。
以下の行動で、聖杯に血を溜めていく。
   ●ザコモンスターを2体まで召喚
   ●モンスターを聖杯の供物にする
   ●血の代償:聖者自身がダメージを受け、
     血を溜める。HPが足りないと使用しない。
血が3回溜まるとラウンド5に移ってしまうので、
この段階で倒してしまうこと。

ラウンド5 神降臨後   ●冥府落とし
   無属性攻撃・
行方不明(1ターン戦闘不能扱い)付与
   Tellがいるときだけ使用
●調律
   対象のHP・SPを平均化する。
●ミステリーステップ
   単体の体力・設定力を半減。
●ポイズンマインド
   SP毒を付与する。SP毒は、毎ターン
   最大SPの25%ずつSPダメージ。
   4ターン持続する。
●断罪
   無属性攻撃
このラウンドになると、STR、MAT、HITが大幅に上がる。
また、DEF600 MDF720 ととても硬くなる。
氷無効、炎・光・魔を半減に。
冥府落としによる行方不明→はすかが無防備になる
凶悪コンボが存在。

入手金額は20000→
50000Gに増加するが、狙わないほうがいい。
実は、聖者は神降臨前後ともに
マンイーターに非常に弱い(ダメージ5倍)

また、
眠気・毒の基本成功率は降臨後、80%に上昇している。

  聖人がどの聖遺物にとりついているかは、敵の行動で判断できます。
  また、聖遺物はHP999999。ターンの最後に最大HPまで回復するため、破壊はできません。
  それぞれの聖遺物の特徴は、以下のとおりです。
聖遺物の行動テーブル 聖遺物の特徴
  聖書:  ●春の福音節  光魔術
●夏の福音節  炎魔術
●秋の福音節  魔魔術
●冬の福音節  氷魔術
●聖歌
     全体に炎魔術。
     防壁状態ならダメージ60%カット
  ■炎弱点(130%)
■光耐性(50%)
■呪い基本成功率90%
■スタン基本成功率80%
■即死・毒・眠気無効
  聖石:  ●念力 全体に無属性魔術。呪い付与25%
     防壁状態でダメージ60%カット
●煩悶 単体に無属性魔術。負傷付与22%
●押しつぶし
 単体に物理攻撃。スタン付与14%
  ●AGIが20しかなく、ERも0。
●氷弱点(130%)
●物理無効(0%)
●即死・毒・呪い無効
●眠気基本成功率65%
●スタン基本成功率80%
  聖剣: ●通常攻撃
●強斬り
●エイムスラッシュ
  必中
●剣の舞  3回の物理攻撃。一発一発のダメージは
        35%に補正
●ハレルヤ 単体に光魔術。眠気付与33%
  ▲炎耐性(50%)
▲氷耐性(50%)

▲光弱点(130%)
▲魔耐性(50%)
▲物理弱点(130%)

▲マンイーター弱点(130%)
▲即死・毒無効
  聖杯: 何もしない  

パトロン・セイントを倒すと、アルストロメリアの4人のHシーン回想アイテムが手に入ります。





●メアリー・スゥ戦 
  HP:13000 SP:1000
  炎弱点(120%)光・魔に耐性(50%)

  【パッシブスキル】
     
雨オンナ:ターンの最後に酸性雨が降り、敵味方全員に1ダメージ


  パッシブがあまりにもアレですが、見くびっていると1ターン目で全滅します。
  ただスゥには
必勝法があったりするので、実は裏ボス5戦の中で一番弱かったりします。
  逆に、戦闘システムが奇抜すぎて倒せない可能性もあるので、下記の真裏ボスの方では
  その辺りを考慮しています。ひどく難しいかえらく簡単か、両極端に分かれるボス。
  後述の理由から、
アルーのミルクは使わないこと
  能力値は、STR・MATが古代神殿ザコのペガサスと同じで、たった
119
  裏ボスとは思えないほど低いですが、彼女の本当の恐ろしさは、HPが減ってきてから。
  HITが
92と低いこともあり、ERを上げる装備をしておきましょう。理由は後述します。

  
【モード1.服が脱げていないとき(HP66%超)】
     
●リバース・エクスキューション
        
こちら全体のHPを、現在の披ダメージ量にし、毒を付与します。
        つまり、
HP全快だと即死します
        なので、モード1の間は、ポーションなどで小さく回復し、HP全快にしないようにしましょう。
        戦闘開始直後に高確率で放ってくるため、
        
戦闘前に周囲のトゲ罠で、HPを調節しておきます
     ●凶悪レクイエム
        HPを一桁(5〜9)にし、眠気を28%で付与。
        
毒になっていると即死一直線のコンボなので、毒耐性は必須です
     ●ミニ衝撃波

        全体に小ダメージ。ものすごく弱いですが、凶悪レクイエムの直後には気をつけましょう。
     ●乱打
        3回連続物理攻撃。1発ごとにダメージ35%に補正されている。弱い。
     ●強打
        物理攻撃。

  【モード2.服が破けて胸が露出(HP66%以下)】
    【パッシブスキル】
       デフレーションワールド
こちらの最大HP・最大SPを、たった10にします。
                      『胸を使う』や『不思議な息づかい』の回復量も、1にされてしまいます。

     ここからは超危険なので、このモードが始まったら毒は治療しておきましょう。
     
物理攻撃主体なので、『胸を使う』が良さそうですが、回復量はたったの1です。
     ここからはリバース・エクスキューションは飛んでこないので、HPは常に最大にしておきましょう。
     スゥのSTRが極端に低いからといって、DEFをおろそかにしていると
     1発で10以上のダメージを受けてしまいますので、
DEFを下げすぎないように注意しましょう
     SPが低いため回復はアイテムに頼ることになると思いますが、
     アルーのミルクを使わなくても、最大値が10ですので。
        
●通常攻撃
        
●護王発破   : 後列にも届く貫通物理攻撃。
        
●三角蹴り   : 物理中ダメージ
        
●本気ラッシュ : 物理3回攻撃。

  
【モード3.服が完全に敗れた後(HP33%以下)】
     基本はモード2と同じですが、スゥの攻撃が激しくなります。
     モード2の技に加え、以下の技を使うようになります。
       
●ダメージ増幅 :
            単体に、
[最大HP − 現在のHP] のダメージ。
       
●ブルータルフォース
            2回連続SPダメージ。SPが残っていない場合、HPダメージ。
       
●9連打
            
物理9回攻撃。雨オンナとのコンボで即死しそうですが、
            スゥのHITは92、命中補正が33%なので、1発1発は
基本命中率30.36%です。
            
ERリングなどを装備しておけば、さらに下げることができます。
       ●溜める→爆裂闘破拳 : 中ダメージの3回連続攻撃。

さて…
必勝法ですが。
スゥは炎や吸収属性などに弱いので、
ラヴィのミルクあるアクセサリーある性技 のコンボで、
3000〜4000以上のダメージを連発できます。
ただしモード1はHP全快になったらまずいので、
ある性技 +適当な 銃技 で削り、
モード2になったら怒涛の通常攻撃連発で確勝です。

メアリー・スゥを倒すと、
熱砂の不死鳥の3人のHシーン回想アイテムが手に入ります。





●メイズ&ルブラ戦 
  HP:18000 SP:3000
  炎・光半減魔・呪い・眠気無効

  時間魔法の使い手です。
  初見では何をしているかワケがわからない相手で、初見でなくても頭がこんがらがってくる変なボスです。
  
シールは効きますが、無駄にターンを費やすと後述の理由で危険なので、使わないようにしましょう。

  使用する技はたったの6種で、
完全ローテです。
      
1.永久の記憶
      
2.未来からの襲撃
      
3.デッドエンド
      
4.現在のページを参照する
      
5.戦いのページを参照する
      
6.過去からの襲撃
      
7.戦いのページを参照する
  このことを踏まえて、どのターンにどんな行動を取るか、おおよそ組み立てておきましょう。
  状態異常対策が必要なのは
スタンだけです。

  
●永久の記憶
     全体に物理ダメージ。
防壁でダメージ67%カット。
     
スタン付与率50%と高いので、耐性は必ず付けておきましょう。
  
●未来からの襲撃
     
このターンに はすかとTellが使用した技をそのまま使う。
     ただし、性技など使用できない技もあり、その場合は何もしない。
     
『レーザー』や『なげナイフ』を使ってしまうと悲惨。ミルクを使うと…?
     逆に、
状態異常による行動不能も律儀に真似てくれます
     また、追加効果で、
     
2ターン後のこちらの行動を、このターンの行動に書き換えられてしまいます。
  
●デッドエンド
     使用するたびに、99→48→24→12・・・と、指定のターン数が徐々に減っていきます。
     
指定のターン数が現在の経過ターン数に追いついてしまうと、強制的に敗北になります。
     デッドエンドが発動するのは
3、10、17、24ターン目なので、
     24ターン目に『12』と表示され、滅びの未来に行き着いてしまい、敗北が決定します。
     要するに、
メイズ&ルブラは24ターン以内に倒さなくてはなりません
     メイルブ戦では先制・バックアタックは発生しないので、カリンのミルクは通用しません。
  
●現在のページを参照する
     未来からの襲撃と同様、
このターンに選択したはすかとTellの技能を使います
     ただし、
こちらが実際にとる行動は、「未来からの襲撃」によって
     2ターン前の行動に書き換えられてしまいます

  ●戦いのページを参照する
     単体魔術攻撃。 属性は、炎・氷・光・魔のなかからランダムに抽選。
  
●過去からの襲撃
     こちらの2ターン前にとった行動を行う。

もともと、7順目には
『セメタリーウィルバック』(バクやS−HERO、ミッシングリンク戦が突然始まる)
というものだったのですが、バグがあまりに多かったので廃止になりました(^^;
メイズ&ルブラを倒すと、あかさのHシーン回想アイテムが手に入ります。





●ナイツ戦 (中ボスを倒している時)
  HP:40000 SP:3000
  【パッシブスキル】
     経験の無効化:熟練度によるSTR/MAT影響率などの上昇を無効化。
              エイミングなどをいくら強化しても、熟練度を上げてない影響率になってしまいます。
              全ての技の熟練度が無効化されているのではなく、
              影響を受けるのは技の説明欄にある、
「STR/MAT影響率」など。
              
ということは、このパッシブの効果を受けないのは・・・?
              それらを鍛えておけば、与ダメを上げることは可能です。
     BadEnd倒されるとゲームオーバー
           これはナイツのパッシブではありません。後述の状況になったら注意しましょう。

     
不滅の聖性 :オプションが1体も残っていないとき、ターンの最後にオプションが4体
              自動召喚されます。

  通称ボマー。
  上記4体の中ボスの撃破状況に応じて、「不滅の聖性」で現れるオプションの種類が変化します。
  倒した中ボスのオプション位置は、
ダミー型という白い外見になりますが、これはとても弱いです。
  つまり、
中ボスを多く倒すほどダミー型が増え、この戦闘は簡単になります。
  また、すべて倒している場合、
ダミー型×2 + ???型 + ????型 になります。
  
いずれかの中ボスを残している場合、対応したオプションが召喚されます。
  オプションのカラーリングで、対応する中ボスを判断できます


  比較的楽に倒すには、あらかじめ中ボス4体全部を倒しておくのもアリですが、
  
「メアリー・スゥ」だけを倒していない状態が、一番簡単なパターンだと思います。
  
なぜなら、スゥオプションが、中ボスオプションの中で一番弱いため。
  攻撃力の低い
ダミー×3スゥオプション になります。
  ですが、中ボスをすべて倒したナイツ戦も、そこそこ簡単です。

  逆に、
蒼骸・聖者オプションはすごく強いので(特に聖者)、挑む前に中ボスを倒しておきましょう。

  作るのにものすごく苦労したので、どんなボスなのか、実際に触れてみてください。
  ナイツを倒すと、館長のHシーン回想アイテムが手に入ります。




  
HPがとてつもなく高いので、非常に高いダメージを叩き出せる
  
あの性技 あのアクセサリー がダメージソースになります。
  合体時は行動テーブルが3種類あり、HPが減ってくると変化します。
  残りHPのおおよその割合は、合体ナイツの敵グラで判断できます。
  行動AIを大雑把に言うと、オプションが1つになると
  
「オプション吸収」(α強化+吸収したオプションの状態異常をとりこむ)を高い確率で使い、
  4つ全部残っていると超強力な
「神風」「神風Ω」をよく使います。
  なので、
オプションは2〜3体をキープしながら戦うと良いです
  ただし、2〜3体でも低確率で「オプション吸収」は使いますし、
  オプション自身も、
出現後7〜10ターン経過で自爆してしまいます。
  
(戦闘状況に変化をもたせるのが目的なので、自爆ダメージは非常に低い)

  「オプション吸収」は、オプション3体技「トライサークル」でオプションに付与されていた
  「β強化」も取り込んでしまいますが、
その他の状態異常も取り込んでしまいます
  ナイツ本体には状態異常はほぼ効きませんが、オプションには効きます。
つまり・・・。
  また、
β強化は、β強化が付与されている仲間が常に3体そろっている必要があり、
  一体でも欠けると解除できます。


  ダメージ蓄積で分離すると、敵全員は数ターン何もしてこなくなります。
  このとき、
リレーボム時限ボム・後述のシールドなども一緒に解除されます。
  集中攻撃するチャンスですが、
「BadEnd」には十分注意しましょう。

  「悪あがき」のシールド耐久は1000です。これをダブルアクションの
  1回目で破壊した場合、立て続けに本体へと攻撃できます。
  レーザーなどの貫通攻撃はシールドを突き抜けられそうですが、
  残念ながらナイツには届かず、シールドが肩代わりします。
  また、
なげナイフはリレーボムの感染は可能ですが、
  本体に直接ダメージを与えるため、シールドを破壊することはできません。

  ところで、
全体銃技・魔術や、ダブルアクションの途中で分離・分身が起こった時の処理ですが、
  ちゃんと強制終了するようにしてあります。

  うっかり当たって
「BadEnd」が発生しないように作ったので、
  その辺りは気にせずに使っていきましょう。
  ただし、
分離してからは全体攻撃をしないように




  
勝利直前のヒント(ナイツが「これで最後だ」とか言います)ですが、
  これは視覚的には判断できません。本物の位置はランダムです。
  
目で判断できないなら、何で判断しますか・・・? という問題です。
  判断する方法は、一つではありません。

  この状況では、敵は何もして無いようでいて、
今までとは違ったことが起こっています。
  ヒントとしては、ダメージを与えていった時、ダメージ蓄積で時々、二人に分離したと思います。
  この時の行動は、地上をブーツで逃げるシステリアの行動はコッコッコッという
「足音」
  飛んで追いかけるナイツの行動はバッサバッサという
「翼の音」がします。

  このあたりは見た目では分からないようにして、
  ナイツの言う『ココロの違い』に根ざした決着にしてみました。





●ナイツ戦 (中ボスを一体も倒していない時)
  ナイツの能力は変わりませんが、中ボスに対応したオプションは、どれも強力です。
  ただ、スゥのオプションだけは、
リバース・エクスキューションを見破れず
  スゥを倒せないことも想定しているので、とても弱くなっています。

  4体のうち、スゥオプションのHPが一番低いですが、
  このことが、
中ボス4体全部を残した時の、攻略の糸口にもなります。

  というかこの、
中ボス4体全部を残してナイツ戦に挑むのは、とてつもなく難しいです。
  倒せたらすごいと思います・・・!
  このパターンで倒しても何かもらえるわけでは無いですが、とりあえず、
  難易度はプレイヤーさんの方で調節なさってくださいませ。

  ナイツを倒すだけなら、最低限、
聖者と蒼骸は倒しておいたほうが良いです。
  特に聖者オプションは危険なので・・・!


 
 


inserted by FC2 system